ブログ記事でよく読まれる書き出し(冒頭)の3つのテンプレートとは?

4 min

この記事はお送りしたメルマガの内容を少しだけ編集してバックナンバーとして掲載しています。


 

侍ジャパン金メダルでうれし涙した木村翔です。


さて、昨日は3つのダメダメブログタイトルを紹介しました。


ダメダメタイトルはこちらの3つですね。

  1. 一番前にメインキーワードが来てないタイトル
  2. 極端に短いタイトル
  3. キーワードが入ってないタイトル


あなたはダメダメタイトルをつけないように気をつけてくださいね。


ということで、あなたは正しいタイトルの付け方が分かったかと思います。

とにかくタイトルの付け方でブログで稼げるかは決まると言っても過言ではないですよ。


では、タイトルの次に、大切なのはなにかおわかりでしょうか?

「本文じゃないの?」

はい、本文は本文ですが、そのうちの書き出し分でリード文と言われる冒頭が次に重要です。


そこで、ブログ記事でよく読まれる書き出し(冒頭)の3つのテンプレートをご紹介しますね。

「ブログで最短最速で稼げるようになりたい!」
安定した収入が上がる資産ブログを作りたい」
と思ったらこちらをクリック
>>>資産ブログを最短最速で無料で稼ぐ方法は?

ブログ記事で書き出し(冒頭)ってそんなに重要なの?

って疑問に思っているかもしれないので、先に簡単に説明しておきますね。



結論から言うと本当に書き出し文である冒頭は重要です。


それはタイトルを見てあなたのブログが開かれた後、真っ先に見られるのが書き出し文であるリード文だからです。


あなたも、何かを検索した時、サイトを開いた後、最初のリード文で
「自分が知りたいことが書いてなさそうだな」
って判断して、そのサイトを閉じて、違うサイトを見た経験ありませんか?


いくら本文でいいことを書いていても、このリード文がテキトーに書かれていて、自分の悩みを解決してくれなそうなら、本文を読み進めてくれません。


ですので、タイトルの次に大切なのはこのリード文なんです。


考えてみていただければ分かると思いますが、名著と言われる小説は冒頭が秀逸ですよね。


こちらは主な有名な小説の冒頭です。

吾輩は猫である。名前はまだ無い。

『吾輩は猫である』 夏目漱石

ある日の暮方の事である。一人の下人が、羅生門の下で雨やみを待っていた。

『羅生門』 芥川龍之介

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。

『雪國』 川端康成

冒頭で一気に小説の中に引き込まれていく感じがしますよね。


とはいえ、僕たちは決して小説家を目指す必要はありません。


ただ、本文を読んでもらわないといけないですよね。
そうしないと、広告が表示されないですし、広告がクリックされないですからね。


ですので、冒頭も一生懸命考えて書きましょう。


といっても考えるのは難しいですよね。


ご安心ください。
ブログ記事の冒頭には型がありますので、その型を覚えれば初心者の方でも読まれる冒頭が書けます

「ブログって本当に資産になるの?」
「資産ブログなんて本当に作れるの?」
と思ったらこちらをクリック
>>>ブログは本当に資産になるの?

ブログ記事でよく読まれる書き出し(冒頭)の3つのテンプレートとは?


ブログ記事でよく読 まれる冒頭のテンプレート(型)はこちらの3つです。

  1. タイトルのキーワードを入れる
  2. 読者の共感を得る文章にする
  3. 記事内容を一言で書く

では、1つ1つ説明していきますね。

①タイトルのキーワードを入れる

たとえばこちらのタイトルを例に説明しますね。

『アドセンス審査合格に必要な記事数と文字数は?落ちた理由が分からないあなたへ【2021年】』


検索キーワードは
アドセンス審査
記事数
文字数
落ちた理由
2021年
とした場合、このキーワードを入れ込んで冒頭を書くということですね。

これはSEOを意識したテクニックの一つです。


GoogleのAIに対して、
「タイトルと同じ内容が書かれていますよ」
ということを伝える意味があるわけですね。


それと、読者に対しても、
「タイトルに書かれていることは間違いなく書かれていますよ」
ということを伝えるためにもタイトルのキーワードは必ず入れ込んで冒頭を書きましょう!

②読者の共感を得る文章にする

こちらもこちらのタイトル
アドセンス審査合格に必要な記事数と文字数は?落ちた理由が分からないあなたへ【2021年】
として考えてみましょう!


このタイトルではアドセンス審査を受けて不合格だった方を対象に書いていることはおわかりかと思います。


そして、

「なんで落ちたの?」
「記事数が足りないから?」
「文字数が少なかったから?」
「審査に受かるにはどうすればいいの?」
という悩みを解決したいっていうことが想像できますよね。


そんな悩みを持った方が

あなたはアドセンス審査に何度も何度も申し込んでるのになかなか通らず、

「なんで落ちたの?」

「落ちた理由がわからないんだけど・・・」

「記事数が少ないから落ちたのかな?」

「文字数ってどのくらい書けば受かるの?」

と悩んでいるのではないですか?

っていう内容の冒頭を読んだととしたら、
「そうそう、それなんだよ。あっ俺(私)のことを分かってくれてるな」
なんて思いますよね。


そうなると、
「この人なら自分の悩みを解決してくれるだろう」
と思う可能性は十分に高いですよね。

ですので、冒頭では読者の心に刺さる共感の文章を必ず入れるようにしてください。

③記事内容を一言で書く

「本文にはこんな内容が書かれているから読み進めてくださいね」
というメッセージを込めて、冒頭には簡潔に記事内容をまとめて書くようにしてください。


タイトルのキーワードを入れて記事内容をまとめて書くのが理想ですね。


ただ、タイトルには含まれてない、読者の悩みを先読みして書くと一番いいですね。


こちらのタイトルですが、僕のブログで書いた記事なんですが、僕はこのような冒頭を書きました。

2021年最新情報として、Googleアドセンス審査合格に必要な記事数と文字数、また審査中は記事を更新したほうが良いのかについて、

僕の考えと僕の経験を踏まえて書いていきますね。

それとアドセンス審査に落ちたときにチェックする3つのポイントもご紹介します。

あなたはどんな感想を持たれましたか?


「審査中に記事を更新したほうがいいの?」
と潜在的に気になっているかもしれませんよね。

それに、
「チェックする3つのポイントってなんだろう?」
って思うかもしれないですよね。

「じゃー先を読み進めてみよう」
っていう気持ちになりそうじゃないですか?


冒頭では、タイトルに含まれてない読者の悩みも入れて、記事内容を一言で書くようにしてください。


あと、結論を冒頭で書いても構いませんよ。


結論を書いたら、本文を読まれないのでは?
と思うかもしれませんが、そんなことはないです。


その理由を確認したいと思い、先を読み進めてくれますよ。

まとめ

以上、タイトルの次に大事な冒頭にはこちらの3つのことを書くようにと説明しました。

  1. タイトルのキーワードを入れる
  2. 読者の共感を得る文章にする
  3. 記事内容を一言で書く


冒頭の文字数は、長く書く必要はありません。大体200-300文字で十分です。
今日説明した3つのことを意識して書くと、200-300文字ぐらいにはなりますよ。



冒頭にこの3つは必ず入れて書いて、本文を読ませる工夫をするようにしてくださいね。


「わかった」
の一言でもいいので、メッセージを頂けると侍ジャパンが金メダルをとったぐらい喜びます。

今日も読んで頂き本当にありがとうございました!

「ブログって本当に資産になるの?」
「資産ブログなんて本当に作れるの?」
と思ったらこちらをクリック
>>>ブログは本当に資産になるの?

編集後記

僕が寝ていて、なんか暑苦しいなと感じて起きると、うちのチワワがいつの間にか横に寝てました。
僕が気づかないうちに(笑)


この夏に毛むくじゃらはかなり暑いですよ。
本音は離れてほしいんですけどね。


逆に冬はチワワと一緒に寝ると暖かいので、離れたくないです。

ごめんなさい、ワガママな奴で。

ってまたまた余計な話をしてすみません

m(_ _)m


\メルマガ読者限定無料プレゼント(即金で5万を合法的に稼ぐ方法)/

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


会社に依存せず自分で稼ぐ力を身につけませんか? 資産ブログで月5万稼ぐ方法を学べるメルマガ
メルマガ登録はコチラ
資産ブログで月5万稼ぐ方法を学べるメルマガ
メルマガ登録はコチラ